広島床田、1軍復帰戦で6回1失点奮闘も勝利消える

<中日4-5広島>◇24日◇ナゴヤドーム

広島床田寛樹投手が1軍復帰戦で6回1失点(自責0)と踏ん張りながら、9回に追いつかれ7勝目が幻になった。抑えが打たれて勝ちが消えるのは今季4度目。それでも「先頭に(4度)ヒットを打たれたし、四球も多かった。ローテで投げられるようにがんばりたい」と自らの投球を反省した。

佐々岡投手コーチは「かわいそうなことをした。(左打者対策の)課題はしっかりできていた」と話した。