原監督 ラグビーW杯日本勝利は「2番目にいい」

<DeNA4-9巨人>◇20日◇横浜

巨人原辰徳監督が執念の采配で勝利をたぐり寄せた。

3点リードの7回無死二塁から、先制本塁打を放った坂本勇に今季3度目の犠打のサインを出した。「どうしても、もう1点が取りたかった」と、岡本の適時二塁打、阿部の犠飛で2点を追加。21日に勝利すれば5年前と同じ横浜スタジアムでの胴上げが実現する。

試合後は大好きなラグビーW杯の結果を報道陣から聞き「(巨人の勝利に続き)2番目にいいニュースだね」と喜んでいた。

その他の写真

  • DeNA対巨人 15勝目の山口(右)は原辰徳監督と笑顔で握手(撮影・浅見桂子)