阪神3位 横浜・及川に指名挨拶「実感わいてきた」

阪神からドラフト3位で指名された横浜・及川雅貴投手(18)が23日、神奈川県・横浜市内の同校で指名あいさつを受けた。

畑山統括スカウト、永吉編成ディレクター、吉野担当スカウトと対面し「(ドラフト指名され)あまり実感がまだなかったんですけど(指名あいさつを受け)こうして実感がわいてきました」と笑顔を見せた。

チームは5位まで高校生を指名しており「楽しみもあるんですけど、抜かさないといけない人もたくさんいる。一緒に頑張るというよりは、自分が早く1軍の舞台に立てるように頑張りたい」と決意を新たにした。

吉野担当スカウトは「一番の評価はやはりポテンシャルの高さというところ。真っすぐが強いというところです。個人的には今年の左投手の中では一番いいボールを投げるので。うちで言うと高橋遥人みたいな真っすぐを投げる。それがもう少しコンスタントに自分で操れるようになってきたら、自ずと結果はついてくるのかなと思います」と期待を寄せた。

その他の写真

  • 阪神の畑山俊二統括スカウト(手前)から指名あいさつを受け笑顔で握手を交わすドラフト3位の横浜・及川雅貴(右)、左から横浜・葛蔵造校長、高山大輝監督代行(撮影・清水貴仁)
  • 阪神の指名あいさつを受け吉野誠担当スカウト(左)と握手を交わすドラフト3位指名の横浜・及川雅貴(撮影・清水貴仁)