オリックス・ロドリゲス1号は空砲「本当に厳しい」

  • 西武対オリックス 7回表オリックス無死二塁、左中間へ2点本塁打を放ち、三塁へ向かうロドリゲス(撮影・河田真司)
  • 西武対オリックス 7回表オリックス無死二塁、左越えに同点2点本塁打を放つロドリゲス(撮影・たえ見朱実)

<西武3-2オリックス>◇30日◇メットライフドーム

オリックスの新外国人アデルリン・ロドリゲス内野手の来日1号アーチは空砲に終わった。

3点差の7回無死二塁。高橋光のスライダーをとらえ、左翼に豪快2ラン。1点差に詰め寄り、意地を見せた。だがチームは敗れ「しっかりとらえたのでいい感じ。なかなか点を取れていない状況だったし、いい流れになってほしかった」と浮かない表情だった。

5試合連続安打も勝利につながらず、7連敗。「こういう形でスタートするのは本当に厳しい。9回、しっかり全部出し切る」と気合を込めた。