西武山賊打線、下位からもり立て 川越、鈴木で先制

  • ロッテ対西武 3回表西武無死三塁、鈴木は左犠飛を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<ロッテ8-6西武>◇7日◇ZOZOマリン

西武川越誠司外野手と鈴木将平外野手が山賊の下位打線からもり立てた。3回先頭で8番川越が右中間への三塁打。9番鈴木の左犠飛で先制点を奪った。

5回2死では、鈴木が右翼線への三塁打でチャンスメーク。風速15メートル前後の強風で荒れる敵地でも、たくましかった。川越は「真っすぐ狙い。三塁までいけるなと思いながら一生懸命走った」。鈴木は「ゴエさんが三塁打を打ってくれ、いい形でつなげてくれた」と先制機を振り返った。