楽天涌井が中6日で15日先発、西武今井の「壁に」

  • 試合が雨天中止となり、室内練習場へと移動する西武今井(撮影・足立雅史)

楽天の15日西武戦は、14日に先発予定だった左腕弓削のスライドではなく、中6日で予定通りベテラン涌井秀章投手をマウンドに送る。

三木監督は「明日(15日)は涌井で行こうと思います。その後はうまく編成します」と話し、弓削も完全に1週間登板を先送りするわけではないことを示唆した。涌井は自主トレをともにした西武今井との投げ合いについて「威厳じゃないですけど、壁として立ちはだかりたいなと思います」と意気込みを示した。