ソフトバンク・リチャードが長谷川の濃厚接触者判定

ソフトバンクは7日、リチャード内野手(21)が、1日にPCR検査で陽性判定を受けた長谷川勇也外野手(35)の濃厚接触者と新たに判定されたと発表した。

リチャードは6日深夜に発熱と吐き気の症状が出た。7日朝に発熱は治まったが、関節痛と倦怠(けんたい)感があり、病院を受診するために保健所に相談。長谷川との接触状況などを再調査したところ、濃厚接触者と判定された。なお、7日に抗原検査を受検し、陰性判定を得ている。ファームは長谷川の濃厚接触者と判定済みの佐藤、柳町、釜元、真砂を合わせた計6人を除き、通常通りの活動を続ける。