オリックス太田が負傷交代、相手と激突タンカで退場

  • オリックス対日本ハム 3回裏オリックス2死一、二塁、交錯しその場から動けない日本ハム・ビヤヌエバとオリックス太田(撮影・佐藤翔太)

<オリックス9-2日本ハム>◇25日◇京セラドーム大阪

オリックス太田椋内野手(19)がタンカで運ばれ、負傷交代した。

3回2死一、二塁。二塁走者の太田は、打者伏見の内野ゴロの間に進塁を試みた。ゴロを捕球する三塁手ビヤヌエバと激突し、グラウンドで頭を打ち付けた。

トレーナー4人が駆けつけるも、太田は自力で立ち上がることができず、タンカで運ばれた。

4回表の守備からは太田に代わって大城が二塁を守った。