夏の絵日記2018

芸術家肌の問題作!?/8月15日 大翔丸

大翔丸関(27=追手風)は「バーベキューの帰り」というタイトル付きで、力強くサインペンで描いてくれました。

「絵の上の水色部分が川で、右にあるのが太陽、夕日です。その下のオレンジ色部分が河原。さらに下にある緑色は原っぱです」。川の中に太陽があるということ? そんな質問をすると「川と河原と原っぱを横から見たと思えば、川と同じ青い空の中の太陽ですし、上から見たと思えば川に映った太陽。見る人によってとらえ方が違っていいと思います」との回答。描いている最中は、周囲の関取衆に「これは問題作」と、いじられていましたが実は芸術家肌でした。

「小学生のころに、よく親戚とか知人とバーベキューに行っていたので、その景色です。おいしかったですし、川で遊んで楽しかったですね」。まだ帰りたくないという、当時の思い出が詰まった1枚でした。

日刊スポーツ大相撲企画「大相撲 夏の絵日記2018」を掲載しています。 夏巡業に参加した関取衆らに個性あふれる絵を描いてもらいました。

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング

    更新