コンテンツエリア



メインコンテンツ

夏の絵日記

夏の絵日記2018

夏巡業に参加している関取衆らが描いた絵を紹介する「大相撲 夏の絵日記2018」。テーマは「夏の思い出」などを中心に、それぞれ個性豊かな絵を披露してくれます。

新着絵日記

絵日記企画常連の玉鷲関は、今年も特徴的な作品に仕上げてくれました。さまざまなハートを描いて「愛」を表現してきた例年とは違って、今年はアイはアイでも「EYE」。目です。誰の目をモデルにした…[]

この企画で常連の錦木関が、3年連続で描いてくれました。さて、この絵はクマなのかパンダなのか。でも眼鏡をかけているということは人間なのか…。正体を聞くと「錦木ベアーです」と誇らしげに教えて…[]

さすがは小学生のころ、漫画が趣味だったという三役格行司の木村庄太郎さん(54=春日野)。毎年、巧妙なペンさばきで描いているが、今年も日本列島を象徴する「夏」を端的に描いてくれた。「この巡…[]

これは自分の分身同様、絶対に手放せません―。正代関(26=時津風)が描いてくれたのは、携帯扇風機の「HANDFAN」。汗かきで暑がりの力士が多いとあり、常に携帯している関取衆も多く「コレ…[]

メロンへの愛情を、目いっぱい表現したのは朝乃山関(24=高砂)です。「自分にとっては、夏といえばスイカよりもメロンです。特に夕張メロンが大好きです」。こう断言したのは7月の名古屋場所千秋…[]

大翔丸関(27=追手風)は「バーベキューの帰り」というタイトル付きで、力強くサインペンで描いてくれました。「絵の上の水色部分が川で、右にあるのが太陽、夕日です。その下のオレンジ色部分が河…[]

故郷北海道の海を思い出して描いたのは、旭大星関(28=友綱)です。「網走とか留萌(るもい)の海には、小さいころから家族とよく行きました。海では釣りやバーベキューをやっていましたね」。釣り…[]

 

今年最初に絵を披露するのは、7月の名古屋場所で長野県出身力士として初優勝した、関脇御嶽海関(25=出羽海)です。注目度上昇中の若手実力派が描いたのは、笑顔の太陽が印象的な海。「優勝のご褒…[]





相撲・格闘技

中邑真輔「夢の対決」ロリンズとの王者対決で敗戦
中邑真輔「夢の対決」ロリンズとの王者対決で敗戦 [記事へ]





右カラム