大森将平、2回TKO勝ち「やっと1歩踏み出した」

 元日本バンタム級王者大森将平(25=ウォズ)が29日、エディオンアリーナ大阪第2競技場でスーパーバンタム級8回戦を行い2回2分45秒TKO勝ちを飾った。

 昨年4月にWBO世界バンタム級王座に挑戦したが11回TKO負け。右下あご骨折、入院を経て階級をひとつ上げ約1年3カ月ぶりの復帰戦。1回に頭部にパンチを受け、腰が落ちたが連打で試合を決めた。「やっと1歩踏み出した。あごの不安はない」。世界再挑戦の決意はぶれず「来年ぐらいに、その(世界挑戦の)位置にいられたら」と話した。