峯岸みなみ「1回1回が大切」劇場出演1000回

  • 劇場出演1000回を達成し岡田奈々(右から2人目)村山彩希(右端)から花束を受け取る峯岸みなみ(C)AKS

4月に卒業コンサートを控えるAKB48峯岸みなみ(27)が21日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた公演に出演し、同劇場での通算出演1000回を達成した。

05年12月8日の劇場オープニングメンバーの1人。冒頭の自己紹介で「1000回達成しました! 卒業を控えると1回1回が本当に大切で、今日を前向きな気持ちで迎えられたことをすごくうれしく思っています」とあいさつした。

アンコールでは、1000回達成を記念して、峯岸のセンター曲「伝説の魚」を披露した。また先月、1000回出演を達成した村山彩希(22)と岡田奈々(22)も駆けつけ、峯岸に花束を渡して祝福。村山は「お客さんが7人の時から立っているのは(重みが)全然違いますよね」とたたえた。

峯岸は「どんなに悲しくて辛いことがあっても、このステージに立ったらアイドルでいさせてもらってもいいんだなと思わせてくれて、この劇場が私のアイドル生活の支えになっていたので、そこがなくなるのは心配なんですけど、これからはステージに立つことがなくても、いつでもここに来たらみんなに会えるというコンセプトの通り、見る側になるのも楽しみにしています」と時折涙も浮かべながら、劇場愛を語った。

峯岸は4月2日に、横浜アリーナで卒業コンサートを開催する。