宝塚 ~ 朗らかに

「体が覚えていた」宝塚版ダニー男の色気/真風涼帆

宙組トップ真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、兵庫・宝塚大劇場で「オーシャンズ11」に臨み、男の色香を漂わせるダニー・オーシャンを好演している。11年新人公演で主演した思い出作の宝塚公演は27日まで。東京宝塚劇場は6月14日~7月21日。

新人主演した思い出作に主演している宙組トップ真風涼帆(撮影・外山鉄司)
新人主演した思い出作に主演している宙組トップ真風涼帆(撮影・外山鉄司)

175センチの長身、長い手足。スタイリッシュな宙組を象徴するトップは、柚希礼音、蘭寿とむと続いた“宝塚版ダニー・オーシャン”の系譜を進化させた。

「大人っぽさにちゃめっ気。簡単に言うと、堅気じゃない感じ」。ジョージ・クルーニー主演の映画も見直し、稽古に励んだ。「ジョージ・クルーニーさんが、一番の教科書」。スタイリッシュな天才詐欺師がダニー・オーシャンだ。

今、最も盗みたいものは「ジョージ・クルーニーさんの大人の包容力」と答えた。初代“宝塚版ダニー”柚希のいた星組出身。11年の初演時は、本公演でも主要キャストを演じ、新人公演では主演した。

「あの頃は、自分の出ていない場面でも、ずっと袖から柚希さんの姿を追っていた。今回のお稽古中も、体が覚えていた。あの頃と違う振りもある。でも、感覚だけは残っていて…」

新人主演時、現在は宙組で自身を支える2番手の芹香斗亜(せりか・とあ)も同じ星組で、相棒役。2人そろって、本公演へ“凱旋(がいせん)”となった。

「そこもほんと、懐かしの~といった感じです。頼もしい。2人だから出せる悪友関係、魅力的な関係性というのを見せていく」

15年に宙組へ、17年11月にトップに就き、1年半。星組時代の先輩だった現星組トップ紅ゆずるも退団を発表。月日の流れに感慨はあるが「宝塚は始まりがあれば、終わりがある世界ですので」と受け止める。

今作は、105期生の初舞台公演。「やっぱり、初心を思い出しますし、刺激をいただける」。今作も小池修一郎氏の演出だが、真風自身の初舞台作も、小池氏の演出だった。

「小池先生に、ご縁があるんだなと思います。あ、もちろん、怒られました! 『この期は全然かわいくない』って言っていただいて(笑い)」

別れと出会いを繰り返し、続いた宝塚105年。「永遠がないから美しい世界。今いる私たちが精いっぱいのことをして、次につなげていく」。甘酸っぱい思い出も心に抱き、宙組を率いて進む。【村上久美子】

◆ミュージカル「オーシャンズ11」(脚本・演出=小池修一郎) ラスベガスを舞台に11人の男たちが金庫破りに挑むハリウッド映画をもとに、11年に星組公演で初ミュージカル化。13年に花組で再演され、外部でも上演が重ねられてきた。クールでダンディーな男たちが躍動するアクション作。11年星組の新人公演は、真風が主人公ダニー・オーシャンを、親友ラスティーは芹香斗亜が演じた。宝塚大劇場公演は105期初舞台生のお披露目。

☆真風涼帆(まかぜ・すずほ)7月18日、熊本県生まれ。06年入団。星組配属。新人公演主演は5回。15年5月に宙組へ。17年11月、朝夏まなとの後任として、宙組トップ。昨年3月、人気漫画が原作の「天は赤い河のほとり」で本拠地お披露目。身長175センチ。愛称「ゆりか」「すずほ」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング