渡辺直美、ドラえもん衣装で登場「耳ちぎれそう」

  • 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念舞台あいさつに臨んだ渡辺直美は耳にドラえもんが大好きなどら焼きのイヤリングを着けていた(撮影・小沢裕)
  • 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念舞台あいさつに臨む、左からMCのテレビ朝日の弘中アナウンサー、のび太、渡辺直美、ドラえもん、今井監督(撮影・小沢裕)

渡辺直美(32)が8日、都内で行われたアニメ映画「ドラえもん のび太の新恐竜」(今井一暁監督)公開記念舞台あいさつに、ドラえもんを模したワンピースで登壇した。渡辺は「色合いだったり、私の頭には鈴を着けている。お尻に、しっぽもありますし」とクルッと1回転して衣装を見せた。

渡辺は、ドラえもんから「直美さんの耳、見て! 気になって」と突っ込まれると「大好物のどら焼きがついています。今日のために準備しました。重すぎて耳がちぎれそう。後で渡します」と約束した。司会のテレビ朝日・弘中綾香アナウンサー(29)から体形がドラえもんと似ていると指摘されると「『映画ドラえもん』のお話が来た時、実写版かと思って、ついにこの日が…と思ったら、違いました」と笑った。

原作の連載開始から50年、「映画ドラえもん」40作目を迎えた記念の作品で、渡辺は「ドラえもん」に初参加し、木村拓哉が演じた謎の男・ジルと通信し、のび太たちの冒険をひそかに監視する怪しい女ナタリーを演じた。「顔芸だけでここまで来た人間なので、声だけで伝えるのが難しかった。セクシーな役柄なので、監督が『もっとセクシーにお願いします』と言って、いろいろやった。楽しかった」とアフレコを振り返った。ナタリーはジルの上司で、役どころの上ながら、木村の上司を演じた。渡辺は「まさか、木村さんの上司の役が来るかと。木村さんと会えるのを楽しみにしていたんですが、お会いできなかったんで、木村さんの声を感じながら、楽しく録音させていただいた」と笑みを浮かべた。