櫻坂46、紅白2度目の“初”出場「新しい一面を」

NHKは16日、都内の同局で、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(午後7時30分開始)の出場者発表会見を行い、初出場する歌手10組中8組が出席した。

欅坂46から先月改名したばかりの櫻坂46(さくらざかフォーティーシックス)が、2度目の“初出場”を決めた。改名直後のグループが紅白に出場するのは異例だ。新グループカラーの真っ白な衣装でメンバー8人が登場。12月9日発売の改名後初シングル「Nobody’s fault」でセンターに抜てきされた二期生の森田ひかる(19)は「初出場の機会をいただいて、まことにありがとうございます」とあいさつし、全員で深々と頭を下げた。

16年4月に欅坂46としてデビュー。同年末から昨年まで4年連続で紅白に出場した。小林由依(21)は「欅坂では出さなかった私たちの色や、櫻坂として新しい一面を知っていただけるようなパフォーマンスをお見せしたいです」。“初出場”らしく、過去4年とは違う新しい色を見せる。