ホイットニーさん薬漬け破産寸前だった

 米歌手ホイットニー・ヒューストンさんが11日午後3時55分(日本時間12日午前8時55分)、ロサンゼルス近郊のホテルで死去した。48歳。死因は不明。12日に行われるグラミー賞授賞式や、関連パーティーに出席予定だった。高音の力強い歌声はゴールデンボイスと呼ばれ、アルバムやシングルの総売り上げは1億7000万枚を超えた。結婚した歌手ボビー・ブラウン(43)との不仲、離婚を機に薬物依存に陥り、晩年は「破産寸前」。波乱の人生だった。

 グラミー賞を6度受賞したヒューストンさんが、くしくも同賞授賞式出席を直前にして亡くなった。

 ヒューストンさんは、高級ホテル、ビバリーヒルトンに滞在し、11日夜にはグラミー賞関連のパーティーで歌う予定だった。しかし、ボディーガードの1人が、4階の部屋で倒れているヒューストンさんを発見、救急隊が蘇生措置を施したが、死亡が確認された。浴槽で見つかったという情報もある。また一部では、数時間前までホテルのバーで酒を飲み、亡くなる30分前には母親と直接顔を合わせていたが、変わった様子はなかったと伝えている。警察は事件性はないとしている。12日の明け方になって、遺体は検視局に運ばれた。今後、死因が詳しく調べられる。

 ヒューストンさんは、85年に「そよ風の贈りもの」で歌手デビュー。良く通る高音の歌声で人気を集め、抜群のスタイルも話題になった。その後、「すべてをあなたに」などヒット曲を連発。92年の主演映画「ボディガード」の主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」が大ヒットし、同映画のサウンドトラックは、全世界で4200万枚売り上げた。同年に歌手ボビー・ブラウンと結婚し、ヒューストンさんの生活は一変した。

 翌年に長女が生まれ、順調な結婚生活に見えていたが、実際は薬物と暴力に支配されたものだった。近年のインタビューやトーク番組などで、結婚後にコカインなどの薬物使用を始めたことを告白。「薬物が生活の一部だった」と語った。ブラウンが薬物所持で逮捕されたり、暴力を振るっていたことも発覚。さらに、マネジメントをしていた実父が、ギャラ支払いをめぐってヒューストンさんを訴えるなど、歌よりもゴシップが先行した。

 00年にはヒューストンさん本人が、大麻所持の罪で起訴された。薬物、アルコール依存症を打ち明け、04年には更生施設に入って治療を受けた。この時期は歌手活動は休業状態で、コンサートも延期や中止が相次いだ。07年4月にブラウンとの離婚が成立したが、薬物依存からは立ち直ることは難しかった。

 昨年5月には再び依存症の治療を始めたことも分かり、激やせした姿が目撃されている。01年に6枚のアルバム契約で1億ドル(当時約120億円)という米史上最高の契約を結ぶなど多額の資産を築いていたが、それらは薬物購入費と治療代などに消え、今年1月には、米メディアで「コカインで全財産を失って破産状態」と報じられた。関係者も「今は発売未定のアルバムのギャラ100万ドル(約7500万円)を前払いしてもらい生活している状態。助けがなければホームレス」と証言した。

 一方で、今年8月公開の「Sparkle」で15年ぶりに映画復帰しており、歌手活動の本格再開も期待されていた。02年の米テレビのインタビューでは「10年後の自分」をどう想像するかと聞かれ「引退してのんびりしている」と語っていたが、その夢もかなわず早すぎる死を迎えた。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

 ◆ホイットニー・ヒューストン

 1963年8月9日、米ニュージャージー州生まれ。母はゴスペル歌手のシシー・ヒューストンで、ディオンヌ・ワーウィックはいとこ。幼い頃から教会の聖歌隊に加わり、基礎からゴスペルを学ぶ。83年にニューヨークのクラブで見いだされ、85年2月に「そよ風の贈りもの」でデビュー。グラミー賞では計6回の受賞歴を持つ。92年11月の「ボディガード」は全世界で計4200万枚のセールスを記録。シングル「オールウェイズ・ラブ・ユー」は米だけで400万枚を売り上げ、シングルの米音楽史上最高数を記録。

 

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング