イニエスタ「正直悲しい」ビジャ引退、天皇杯へ思い

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(35)が13日、神戸市の神戸学院大で行われた、自身のサッカースクール「イニエスタ・メソドロジー」に参加し、同日に引退を表明したFWダビド・ビジャ(37)への思いを語った。

バルセロナ時代からの盟友の引退に「正直悲しい。彼レベルの選手には、もっと長くプレーしてほしい。残り1カ月半。プレーを楽しんで、チームに多く貢献してほしい」と寂しげに語った。

ビジャが引退会見で、4強まで勝ち進んでいる天皇杯の優勝タイトルを、一緒に掲げたいと話していたことについて「もちろんだ。最後優勝して、有終の美を飾りたい。友人として、そのために戦いたい」と話していた。

その他の写真

  • 神戸市内で会見を行われたダビド・ビジャの会見に出席するアンドレス・イニエスタ(右)ら神戸の選手たち(撮影・清水貴仁)