J3藤枝リーグVへ得点力UP「形は見えてきた」

J3藤枝MYFCが15日、藤枝市内で関東社会人1部のクリアソン新宿(東京)と練習試合(45分×2本)を行い、3-2で競り勝った。前半12分、小気味いいパスで中央を崩し、FW吉平翼(22)が右足ミドルで先制点。後半はMF谷沢達也(35)が中央を抜け出してループシュートを決めるなど、複数の得点パターンを見せた。先制点を挙げた吉平は「いい形で取れたと思う」とうなずいた。

今季は得点力を上げ、リーグ優勝を目標に掲げる。補強は清水などで活躍したMF枝村匠馬(33)や、J3通算119試合出場53得点のFW大石治寿(つぐとし、30)ら攻撃的な即戦力を獲得。フル出場した枝村はこの日も正確なパスでテンポをつくり、チームを活性化させた。

昨季はリーグ3位の好成績を残すも、得点数は18クラブ中13番目の42得点。石崎信弘監督(61)は「今は前にいく意識を植え付けているところ。少しずつ形は見えてきた」と手応えを示す。来月8日の相模原との開幕戦に向け、選手を競わせながらチームを強化する。多くの選手を起用してベストの布陣を模索している段階だ。指揮官は「攻撃でいろんな形を出せるようにやっていきたい」と、完成度を上げていく。【神谷亮磨】