新潟アルベルト監督、開幕戦に自信「選手は前向き」

J2リーグが23日開幕する。アルビレックス新潟は開幕戦で、J3から昇格したザスパクサツ群馬とアウェーの正田醤油スタジアム群馬で対戦する。

22日は聖籠町のクラブハウス練習場で非公開で練習。練習後、アルベルト監督(51)、主将のDF堀米悠斗(25)、FW渡辺新太(24)が前日会見に臨んだ。3年目の渡辺新は開幕戦初スタメン出場が濃厚。積極的にゴールを狙い、勝利に貢献することを誓った。新潟は22日に群馬入り。J1昇格を目指す20年シーズンの幕が開く。

    ◇   ◇   ◇

「もう51歳。これまでの経験があるので特別な緊張はしていない」。アルベルト監督は開幕戦直前の心境を落ち着いた表情で話した。これまでのキャリアで監督としてチームを指揮することは初。先月10日の新潟入りから、まだ1カ月半だが「選手は前向き。開幕戦はいい試合ができると思う」と自信をのぞかせた。キャンプでは選手に球際の強さ、攻守の切り替えの早さを植え付けた。「アグレッシブに勝利を目指す。そこは変わらない」と勝利を強調した。