名古屋金崎コロナ感染 5月に神奈川県内の親類宅へ

名古屋グランパスは2日、元日本代表FW金崎夢生(31)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。5月下旬から発熱などの症状があり、全体練習再開日だった今月1日朝に38度の高熱で練習を欠席。愛知県内でPCR検査を受け、この日に陽性判定が出た。J1は7月4日から再開することが決定したばかり。Jリーグからも約2カ月ぶりに感染者が出たことで、再開への影響が不安視される。

     ◇     ◇     ◇

この日午後10時半からオンラインで緊急会見した小西工己社長(60)は、金崎に陽性反応が出たことを発表した。神戸DF酒井らが感染して約2カ月。その後はJリーグから感染者を出してこなかったが、公式戦再開が決まったとたんに再び暗雲が垂れ込めた。

クラブによると、5月29日のグループ練習後に発熱や頭痛を覚え、30、31日のオフを挟み、今月1日朝から38度の高熱が出たことで全体練習を欠席。PCR検査の結果がこの日に判明した。現在は平熱に戻っているが、愛知県内の病院に入院したという。

「これまで練習のプロセスは万全にやってきたつもりだが、強く責任を感じている。金崎本人、私も悔しい」と、小西社長は沈痛な思いを口にした。

金崎は今季開幕後、サガン鳥栖から8年ぶりに期限付きで名古屋に復帰。4月3日に合流したばかりだった。感染経路は現時点で不明という。ただ緊急事態宣言が発令中だった5月14、15日に、自家用車で神奈川県内の親類宅に行っていた。小西社長は「自粛要請が強くされた中で、どういう理由で訪問したかは確認がとれていない」。クラブは移動する際、マイカー使用を勧めていたという。

5月下旬のグループ練習では、3密を避けていたとはいえ、他の選手と同じ空間にいたことで、今後は保健所が濃厚接触者の特定にあたるという。現時点でスタッフを含めて、風邪の症状を訴える関係者はいないが、チームはこの日から当面活動を休止する。

小西社長は「(Jリーグ再開への影響は)ないと思っている。練習を始めるタイミングからはしっかりやっていきたい」と声を振り絞った。【横田和幸】