柏新加入の北爪「自信に」J1初ゴールが貴重同点弾

  • 柏対広島 前半、同点ゴールを決め雄たけびを上げる柏DF北爪(撮影・中島郁夫)
  • 柏対広島 前半、同点ゴールを決め喜ぶ、右から柏DF北爪、MF大谷、MF戸嶋(撮影・中島郁夫)

<明治安田生命J1:柏1-1広島>◇第17節◇19日◇三協F

柏レイソルは、今季横浜FCから加入したDF北爪健吾(28)のJ1初ゴールでサンフレッェ広島に追いつき、引き分けた。リーグ得点ランク1位のFWオルンガは不発だった。0-1の前半ロスタイム、MF大谷にボールが入った瞬間、北爪は最終ラインからゴール前へスプリント。MF江坂からのロングパスを完璧にトラップし、冷静にネットを揺らした。今季3試合目の先発のチャンスでJ1初ゴールを決め、北爪は「J1のチャレンジの年で、初ゴール初アシストは目標に掲げていた。結果としてゴールが取れたのは自信になりました」と笑顔を見せた。

チームでは定位置争いが激烈。移籍直後はなかなか出場機会に恵まれなかった。いつか来る出場機会に備え準備に励み、ルヴァン杯でも得点の結果を残し、リーグ戦での出場機会が増えていた。北爪は「もっと結果にこだわってやっていきたい。結果が出せないと替えられるという危機感があって、毎試合、自分の中で最後という気持ちで、厳しいハードルを課せられている」と充実ぶりを口にする。「今日は勝ち点3取れなかったので、後半戦は3を積み上げ続けられるように貢献したい」と闘志を見せた。