バスケ買春4選手、山下団長から「七転び八起き」

  • FacebookMessenger
  • TL

 ジャカルタ・アジア大会の男子バスケットボール代表4選手が20日、現地での買春行為で日本選手団から事実上追放された。永吉佑也(27=京都)、橋本拓哉(23=大阪)、佐藤卓磨(23=滋賀)、今村佳太(22=新潟)が同日帰国し、都内で会見。4人は「JAPAN」のロゴが入ったシャツを着て歓楽街で買春したことを認め、謝罪した。日本バスケットボール協会は裁定委員会を設置し、同委員会からの答申を待って処分を下す。

 4人はジャカルタから自費での帰国を強いられた。すでに日本選手団から外されたため私服姿。その後、黒のスーツに着替えて都内で会見に臨んだ。カメラのフラッシュを浴びながら、最年長27歳の永吉が「このたびは大変申し訳ありませんでした」と謝罪。4人は日本協会の三屋会長、東野技術委員長とともに約18秒間頭を下げた。

 16日、カタール戦に勝利した後「JAPAN」のロゴ、日の丸が入った白いTシャツを着て選手村を離れ、繁華街「ブロックM」に向かった。日本食を食べた後に、2軒目の店を探していたところで現地の女性4、5人から声をかけられた。「お金の話をしているので、あっ、そういうことかと認識し、少しの交渉があった」。4人は女性たちとホテルに行き、性行為に及んだ。女性に支払ったのは1人あたり120万ルピア(日本円で約9090円)という。カタール戦でチーム最多の22得点を挙げた橋本は「ホテルに行く道中でも、自分たちの服装を見て『いけないんじゃないか』と思いつつも、やはり浮ついた気持ちでそういったことに至った。自覚の甘さ」と振り返った。

 幼い頃から夢だった「日本代表」に、自分たちで泥を塗った。今回の代表は、ワールドカップ予選に備える主力が不在で、ラマス監督は初戦を指揮した後に日本へ戻った。経験の浅い選手が多く、チームの甘さが出た。橋本は「将来は日本代表になることがずっと夢だった。やっとつかんだチャンスを、このような形でつぶしてしまった。日本の国旗に泥を塗ってしまった」と言うと立ち上がり、約7秒間深々と頭を下げた。

 日本協会は4人の非を認めながら、再生の道も探っていく。あえて4人を会見に出席させた三屋会長は「愚かで恥ずかしいこと。隣で聞いていて涙が出るくらい日の丸をつける自覚がなかったのかと。でもこの人たちをつぶして良いのか、でもどこかでまだ敗者復活のようなものがあったら、つくってやりたい」。4人は選手村を離れる際日本選手団の山下団長から「人生は七転び八起きだ」と声をかけられたという。永吉は「今は正直どん底にいる。ただ山下団長を信じて、これから頑張っていきたい」と再生を誓った。

このニュースの写真

  • ジャカルタの歓楽街ブロックM
  • FacebookMessenger
  • TL