バスケ買春4選手「そういう街なんだな」/一問一答

 ジャカルタ・アジア大会の男子バスケットボール代表4選手が20日、現地での買春行為で日本選手団から事実上追放された。永吉佑也(27=京都)、橋本拓哉(23=大阪)、佐藤卓磨(23=滋賀)、今村佳太(22=新潟)が同日帰国し、都内で会見。4人は「JAPAN」のロゴが入ったシャツを着て歓楽街で買春したことを認め、謝罪した。日本バスケットボール協会は裁定委員会を設置し、同委員会からの答申を待って処分を下す。

前へ 1 2 次へ