教え子千葉真子さん「いつも太陽のよう」小出氏悼む

陸上競技の名伯楽、小出義雄さんが24日、千葉県内の病院で死去した。80歳だった。

教え子の1人で、2003年世界選手権女子マラソン銅メダルの千葉真子さん(42)は、自身のブログに「私の人生を変えてくれた小出監督、今まで有難うございました。」というタイトルで、今の思いをつづった。

全文は以下の通り。

 

監督と最後に電話でお話したのは、1ヶ月程前の事でした。

声はいつも通り張りがあり、以前入院されていた時よりも元気なくらいでした。

「3月で指導の第一線から離れる事になったのだけれど、これからもボランティアで教えていくんだよ」と今後も指導に関わっていく事を楽しみにされていました。

虫の知らせなのか、つい昨日、次女の正子さんに電話をし、状態が良くない事は伺っていましたが、あまりに突然の事に言葉が出ません。

思い返せば…陸上だけでなく、『人生』というのも教えて下さった監督でした。

どうせ苦しい事をやるのだから出来るだけ明るく楽しく頑張ろう!といつも太陽のように選手を照らして下さっていました。

そして、苦しい練習も「ちばちゃん一緒に頑張ろうな!」と、ポンと肩を叩いて選手に目線を合わせて下さっていた様に、選手の心を動かすコミュニケーション能力が小出マジックと言われた所以だと思います。

監督から教わった事は、これからも私の中で生き続けます。

そして、次世代のアスリートや子供達に受け継いでいけたらと思っています。

晩年は、大好きなお酒も、ドクターストップで飲めなかった分、天国で存分にお酒を飲み、ゆっくりと休んで頂きたいです。

心よりご冥福をお祈り致します。

その他の写真

  • 03年1月、大阪国際女子マラソン前日会見で千葉真子さんの肩をもむ小出義雄さん(2003年1月24日撮影)