大橋悠依まさかの失格 平泳ぎへのターンで泳法違反

<競泳:世界選手権>◇22日◇韓国・光州◇女子200メートル個人メドレー決勝

女子200メートル個人メドレー決勝で大本里佳(22=イトマンSS)は、前半をトップで折り返した。最後の自由形は「超きつかったです」と振り返ったが、果敢に攻めて2分9秒32で5位。「決勝でタイムを上げる難しさを感じた。でも自分のベストを出せば、メダルは確実にとれると思うので来年いきたい」と東京オリンピックを見据えた。

前回大会銀メダルの大橋悠依(23=イトマン東進)は6着でフィニッシュも平泳ぎへのターンで泳法違反があって失格した。

その他の写真

  • 女子200メートル個人メドレー決勝で失格となり、遠くを見つめる大橋(撮影・鈴木みどり)