nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
第8回ドラマGP  
    主演男優賞    

滝沢秀明 大河ファンも支持

 主演男優賞には放送中のNHK大河ドラマ「義経」の滝沢秀明(23)が輝いた。松平健(51)らベテラン勢に交じって存在感のある演技を披露し、幅広い世代の支持を得た。滝沢は「お客さんと共演者らのおかげ」と謙虚に受賞の喜びを表現した。

3回目の受賞

 滝沢は「義経」収録後、東京・渋谷のNHKでトロフィーを受け取り「素直にうれしいです。こういう賞をいただくのはめったにないですから」と喜びを表現した。さらに「1年間(の仕事)だから、自分の中では、これにかけていました。すごくうれしいです」とさわやかな笑顔で続けた。

 日刊スポーツ・ドラマグランプリでは97年の第1回でフジテレビ「ニュースの女」で新人賞、第5回(01年)では同局「アンティーク」で主演男優賞に輝き、今回が3回目の受賞。俳優として着実に実力を積み重ねてきた。それでもおごりはない。「見ているお客さんが評価してくれたおかげ。この受賞で、期待に応えなければというプレッシャーも出てきたし、胸を張ってやっていいんだなという気持ちにもなった」。

 今回は同賞にノミネートされていた事務所の先輩、香取慎吾(新選組!)稲垣吾郎(Mの悲劇)堂本剛(ホームドラマ!)らに大差をつけての圧勝だった。「スタッフや共演者のサポートがあったから。そういう賞と考えています」と、周囲への感謝も口にした。

 「義経」は松平健が演じる弁慶をはじめ、南原清隆が演じる家来の伊勢三郎ら、ベテランと若手がうまくかみ合った作品となっている。「実は、松平さんや南原さんらとよく遊びに行くんです。ロケ地では必ず飲みに行き、カラオケやボウリングにも。現場を離れても、いい関係をつくらないと映像に出ないから」。「飲みに行くと主従が逆転して殿は松平さんになりますけど。お酒が強いんで、みんなついていくのに必死」。舞台裏の隠れた“努力”を楽しそうに明かした。ベテラン松平からのアドバイスは「分からなくて当たり前。のびのびと自由にやりなさい」と一言だけ。滝沢は「(時代劇初主演の)僕の気持ちを理解してくれている」。チームワークの良さも滝沢の大きな支えになっている。

周囲への感謝

 大河ドラマは中高年の固定ファンが多く、見る目も厳しいが、視聴率は25%前後と好調。滝沢にとって、今までなかったことも起こった。「年配の人に『義経さん』と声をかけてもらえるようになりました。うれしいです。大河の主役はこれが最後でもおかしくないし、大事にしたいです」。素直さと謙虚さ、仕事への真摯(しんし)な姿勢。滝沢ファンは幅広い世代に広がっている。【中野由喜】

◆日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演男優賞◆

俳優 総合
得点
最終得点 持ち点 作品
電話 ネット
1 滝沢 秀明 31959 10704 4312 16943 義経
2 藤木 直人 18190 779 8371 9040 愛し君へ
3 堂本  剛 14944 4711 510 9723 ホームドラマ!
4 稲垣 吾郎 13151 3156 2172 7823 Mの悲劇
5 香取 慎吾 12082 1845 2121 8116 新選組!
6 佐々木蔵之介 8422 1651 4370 2401 ラストプレゼント
7 田村 正和 8316 2096 4749 1471 夫婦。
8 水谷  豊 7583 1201 1090 5292 相棒
9 松岡 昌宏 7569 3094 505 3970 ナースマンがゆく
10 竹野内 豊 7529 1602 3349 2578 人間の証明
  選考経過  

 滝沢が1〜3月期で、唯一、1万点の大台を突破する1万6943点を記録したのに続き、年間投票でも、ただ1人、5ケタの1万5016点を獲得した。2位以下に1万3769点の大差を付ける圧勝だった。若い女性ファンの支持が圧倒的に多かったが、男性票も全ノミネート者の中でトップ。世代別でも幅広く支持され、完勝といえる。2位藤木直人も4〜6月期では堂本剛に700点差を付けられ、2位となったが、年間投票では堂本に逆に約4000点の差を付け年間2位となった。
  プロフィル  

 ◆滝沢秀明(たきざわ・ひであき) 1982年(昭和57)3月29日、東京都生まれ。95年、ジャニーズ事務所に入り、同年フジテレビの「木曜の怪談」で注目を集める。98年、大阪・松竹座公演「MASK」で座長を務めた。02年8月にはユニット「タッキー&翼」でCDデビューを果たすなど、活動の幅を広げている。血液型A。

  対象作品  

 ◆「義経」ストーリー 父のかたきと知らず、平清盛(渡哲也)を慕う幼名牛若の時代から源義経として平家と戦い、最後は兄頼朝(中井貴一)と不仲となって悲劇的な死を遂げるまでを描く。弁慶(松平健)との出会いや静御前(石原さとみ)との恋、史実にはない幼なじみ、うつぼ(上戸彩)から寄せられる淡い思いなども織り交ぜる。

◆主演男優賞部門の各期のベスト5◆
男優 作品名 持ち点 男優 作品名 持ち点
  4〜6月 7〜9月
1 堂本  剛 ホームドラマ! 9723 香取 慎吾 新選組! 8116
2 藤木 直人 愛し君へ 9040 山田 孝之 世界の中心で、愛をさけぶ 4046
3 香取 慎吾 新選組! 5869 江口 洋介 逃亡者 3058
4 阿部  寛 アットホーム・ダッド 4617 竹野内 豊 人間の証明 2578
5 柴田 恭兵 はみ出し刑事情熱系 4240 佐々木蔵之介 ラストプレゼント 2401
  10〜12月 1〜3月
1 香取 慎吾 新選組! 4852 滝沢 秀明 義経 16943
2 松岡 昌宏 ナースマンがゆく 3970 稲垣 吾郎 Mの悲劇 7823
3 織田 裕二 ラストクリスマス 3538 水谷  豊 相棒 5292
4 田村 正和 夫婦。 1471 寺尾  聡 優しい時間 4654
5 水谷  豊 相棒 1399 江口 洋介 救命病棟24時 3800

◆主演男優賞の最終読者投票得点◆

俳優 作品 最終得点
1 滝沢 秀明 義経 15016
2 藤木 直人 愛し君へ 9150
3 田村 正和 夫婦。 6845
4 佐々木蔵之介 ラストプレゼント 6021
5 稲垣 吾郎 Mの悲劇 5328
6 堂本  剛 ホームドラマ! 5221
7 竹野内 豊 人間の証明 4951
8 香取 慎吾 新選組! 3966
9 松岡 昌宏 ナースマンがゆく 3599
10 江口 洋介 救命病棟24時 3142
11 阿部  寛 アットホーム・ダッド 2878
12 織田 裕二 ラストクリスマス 2516
13 江口 洋介 逃亡者 2511
14 水谷  豊 相棒 2291
15 寺尾  聡 優しい時間 2288
16 柴田 恭平 はみだし刑事情熱系 1746
17 山田 孝之 世界の中心で、愛をさけぶ 1675
※各期上位を対象に4月8日付紙面で行った年間投票の結果
前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。