速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第174回】

100万人が悩んでいる

この病気にこの名医

不妊症(上)

 芸能界に限らず“できちゃった結婚”は多いといわれる。その一方で、赤ちゃんをなかなか授からない人たちもいる。いわゆる不妊症。国際不妊学会では「通常の性生活があるにもかかわらず、2年以内に妊娠の成立をみないものを不妊という」と定義している。

 日本では、1年以内に約80%が妊娠し、2年以内には約90%が妊娠する。残った約10%が不妊症で、不妊治療を受けたり、受けたいと考えている。その不妊治療を始めるとき、何をおいても、まずは検査で原因を明らかにする。

 「不妊の原因は女性にばかりあるのではありません。男女別に不妊の原因を調べますと、女性側に原因のあるケースが90%、そして、男性側に原因のあるケースが40%です。合わせると130%になりますが、その30%は男女ともに原因があるケースです」。不妊治療、更年期治療で定評のある西川婦人科内科クリニック(大阪市中央区)の西川潔名誉院長は言う。

 より具体的に不妊原因を分析すると、以下のようになる。

 女性側の原因としては多いものから「排卵因子障害」37・6%、次いで「頸管因子障害」33・3%「卵管因子障害」18・8%「子宮因子障害」1・7%で、検査を行っても「異常なし」が8・6%となっている。

 一方、男性側の原因としては、「精子の数が少ない、運動率が悪い」「精管通過障害(精管の閉鎖)」「ED(器質性と心因性のインポテンツ)」がある。

 厚労省研究班の推計では、全国で47万人が不妊治療を受けていると発表されているが、西川名誉院長は「実際には100万人近いと思われます」と分析している。

 ▼不妊治療の初診 不妊相談にまず妻が、後日夫婦で訪れるケースが多いが、最近は男性の精子減少が増えている。若い男性ほどこの傾向が強く見られるので、最初から2人で診察を受けるべきである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆不妊症の名医◆

 ▽斗南病院(札幌市中央区)生殖内分泌科・東口篤司科長
 ▽スズキ病院(宮城県岩沼市)鈴木雅洲院長(東北大名誉教授)
 ▽レディースクリニック京野(宮城県古川市)京野広一院長
 ▽久我山病院(東京都世田谷区)中村幸雄院長(杏林大名誉教授)
 ▽山王病院(東京都港区)井上正人院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ