男子400メートルリレーで、山県亮太(セイコーホールディングス)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)ケンブリッジ飛鳥(ドーム)の日本は37秒60の日本新記録で銀メダルに輝いた。

入場前、侍ポーズを決める日本代表。左から山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ(撮影・江口和貴)
入場前、侍ポーズを決める日本代表。左から山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ(撮影・江口和貴)
1走の山県(撮影・松本俊)
1走の山県(撮影・松本俊)
1走の山県(右端)からバトンを受け取る2走の飯塚(撮影・菅敏)
1走の山県(右端)からバトンを受け取る2走の飯塚(撮影・菅敏)
激走する2走の飯塚(撮影・菅敏)
激走する2走の飯塚(撮影・菅敏)
第2走者・飯塚からバトンを受け取る第3走者・桐生(撮影・菅敏)
第2走者・飯塚からバトンを受け取る第3走者・桐生(撮影・菅敏)
3走の桐生(撮影・江口和貴)
3走の桐生(撮影・江口和貴)
3走の桐生(左から4人目)からバトンを受け取りゴールへ向かう4走のケンブリッジ。右から3人目はボルト(撮影・江口和貴)
3走の桐生(左から4人目)からバトンを受け取りゴールへ向かう4走のケンブリッジ。右から3人目はボルト(撮影・江口和貴)
ゴールへ向かう4走のケンブリッジ(中央)。右はジャマイカのボルト(撮影・江口和貴)
ゴールへ向かう4走のケンブリッジ(中央)。右はジャマイカのボルト(撮影・江口和貴)
ケンブリッジ飛鳥(左から2人目)がゴールし銀メダルを獲得(撮影・清水貴仁)
ケンブリッジ飛鳥(左から2人目)がゴールし銀メダルを獲得(撮影・清水貴仁)
男子400メートルリレー決勝 37秒60のアジア新で銀メダルを獲得し喜びを爆発させる、左から山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ飛鳥(撮影・清水貴仁)
男子400メートルリレー決勝 37秒60のアジア新で銀メダルを獲得し喜びを爆発させる、左から山県、飯塚、桐生、ケンブリッジ飛鳥(撮影・清水貴仁)