前節の鳴門G1周年を制して乗り込んで来た板橋侑我(27=静岡)は、エース格の15号機を引いた。

チルト3度を0度に戻したが、「足合わせでは栗城(匠)、黒野(元基)選手より伸びた」と好感触。前検1番時計もマークした。「手前が良くないので、もう少し手前にもってきたい」とバランスを取る。初日は2R3枠の1走で白星発進を狙う。