日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

ジョーダン好気配12秒3/AR共和国杯

<アルゼンチン共和国杯:追い切り>

 今週日曜の東京メーン、アルゼンチン共和国杯(G2、芝2500メートル)の追い切りが3日、東西両トレセンで行われた。栗東では連勝で重賞初制覇に挑むトーセンジョーダン(牡4、栗東・池江泰寿)が坂路の併せ馬で2馬身半先着。時計も4ハロン51秒7、しまい12秒3と好気配。上がり馬らしい元気の良さが目立った。

 トーセンジョーダンは最後の1ハロンで、併走馬のフサイチピージェイ(古馬オープン)を一気に引き離す。前走のアイルランドT同様、伸びのある末脚で2馬身半先着した。時計は4ハロン51秒7、しまいは12秒3。「まだ余裕があったし、いい動きだった」と池江泰寿師も満足そうに言った。

 2歳時は新馬戦こそ敗れたが、次の未勝利戦から3連勝を飾った。3歳初戦の共同通信杯で2着になり、クラシック戦線での活躍も期待された。それがツメの不安で3歳春を休養せざるを得なかった。昨年末に一度復帰したが、本格化の気配を見せたのは、不安がすっかり解消した今年の夏。7月に1600万を突破すると、前走でオープン勝ち。「もう少し良くなりそうな感じはあるけれど、本当によくぞここまで戻ってくれたという気持ち」と池江泰寿師は感慨深げだ。

 昨年12月の中日新聞杯以来の重賞挑戦。「前走でもとても長くいい脚を使えたし、後ろから来られてもさらにギアを上げた。ハンデは疑問だけれど、今の調子なら」と師は期待する。素質馬に重賞初制覇のチャンスが巡ってきた。【三上広隆】

 [2010年11月4日8時51分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

アルゼンチン共和国杯

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです