このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

43歳の新人鷹野が美浦トレセンで調教騎乗

 鷹野宏史騎手(43=二ノ宮)が26日、JRA騎手試験合格後初めて美浦で調教に騎乗した。免許は3月1日付なので、美浦場長の承認を得て坂路や北馬場で所属厩舎のダイワティグリス(牡5)など3頭の感触を確かめた。鷹野は「美浦での調教は以前も乗ったことがあるが、やはり馬のレベルに驚く。レースは初めてなのでとりあえず1勝を目指したい」。土、日とも中山で騎乗予定。初の中央場所で43歳の新人が存在感を見せつける。

[2008年2月27日8時45分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ