日本サッカー協会(JFA)は7日、来年1月1日の国際親善試合・TOYO TIRES CUPのタイ代表戦(国立)に臨む日本代表のメンバーを発表した。ウインターブレークがないプレミアリーグのMF三笘薫、MF遠藤航、スペインのMF久保建英は召集外。アジア杯に臨むメンバーは、1月1日の試合後に発表される予定だ。

MF伊藤涼太郎(25=シントトロイデン)が初招集された。伊藤はクラブを通じ「このたび、初選出される事になりました。僕自身、日本代表というのはずっと目指していた場所なので素直にうれしく、とても楽しみにしています。選ばれただけではなく、しっかりと自分のプレーを出してアピールしたいと思っています!」とのコメントを発表した。

X(旧ツイッター)では「伊藤涼太郎」がトレンド入り。「代表初選出おめでとう。水戸から世界へ」「伊藤涼太郎きたああ! アルビをJ1に昇格させてくれた伊藤くん」など、伊藤がかつて所属したJ2水戸、新潟のサポーターが祝福のポストを寄せた。