◆J1第22節


【7月22日】

C大阪4-2浦和(ヤンマー)

 首位のセレッソ大阪が杉本の2ゴールなどで浦和レッズを4-2で下し、4連勝で勝ち点を41に伸ばした。浦和は同29で8位。

 浦和が8月15日のスルガ銀行チャンピオンシップに出場するため、前倒しで開催された。第22節の残り8試合は8月13日に行われる。


◆J1第22節の出場停止選手

--

◆J1主な負傷者情報


【7月16日】

●新潟MF森俊介=右ひざ大腿骨顆部軟骨損傷。全治6週間


【7月11日】

●神戸DF高橋峻希=右ハムストリング肉離れ。全治10~12週間


【7月7日】

●浦和FW李忠成=左内側側副靱帯損傷。3~4週間の離脱


【7月5日】

●広島FW宮吉拓実=右膝外側半月板損傷の手術。全治3カ月

●C大阪MF山内寛史=左足第5中足骨骨折。全治4カ月

●大宮MF瀬川祐輔=左ハムストリングス肉離れ。全治4週間

●広島MFミキッチ=右ハムストリングス筋損傷。全治4週間

●仙台DF永戸勝也=右足関節脱臼骨折および複合靭帯損傷。全治6カ月


【7月4日】

●GKクォン・スンテ=左母指MP関節脱臼。全治3~4週間

●東京DF森重真人=左くるぶし脱臼。全治2カ月


【6月29日】

●横浜DF栗原勇蔵=左太もも裏肉離れ。全治8週間

●札幌MFジュリーニョ=右アキレス腱断裂。ラジルへ一時帰国


【6月28日】

●C大阪MF清武弘嗣=左ハムストリング筋損傷。全治8週間


【6月27日】

●東京FW大久保嘉人=右距骨骨挫傷、右脛腓靭帯損傷。全治3~4週間

●大宮GK加藤有輝=右肩関節亜脱臼。全治2か月


【6月23日】

●C大阪GKアン・ジュンス=右腓骨骨折。全治3カ月

●仙台MF金久保順=右膝大腿骨内顆軟骨損。全治5カ月


【6月22日】

●G大阪DF米倉恒貴=右大腿二頭筋肉離れ


【6月19日】

●清水DF犬飼智也=左ハムストリング肉離れ。全治約4週間


【6月15日】

●川崎F・DF武岡優斗=左膝蓋骨軟骨損傷。復帰まで6カ月


【6月14日】

●広島DF川崎裕大=左ハムストリングス筋損傷。全治6週間


【6月8日】

●神戸DF橋本和=左内転筋肉離れ。全治約8週間

●神戸DF岩波拓也=左太もも裏肉離れ。全治約6週間

●神戸MF高橋秀人=右膝内側側副靱帯損傷。全治約6週間


【6月5日】

●横浜GK原田岳=左足関節捻挫。全治6週間

●清水MF白崎凌兵=右脛腓靭帯結合部損傷。全治3カ月


【6月1日】

●新潟DF大野和成=右内側側副靭帯損傷の手術。全治12週間

●新潟GK大谷幸輝=右足関節インピンジメント症候群の手術。全治8週間


【5月29日】

●横浜FW伊藤翔=右ハムストリング肉離れ。全治3週間


【5月28日】

●柏FWドゥドゥ=右膝前十字靭帯断裂。全治約8カ月


【5月25日】

●磐田FW小川航基=左膝前十字靱帯断裂および半月板損傷。


【5月22日】

●C大阪MF山内寛史=左足第5中足骨骨折。全治1カ月


【5月18日】

●東京DF柳貴博=右ヒラメ筋筋挫傷。全治4週間


【5月17日】

●磐田DF藤田義明=右膝外側側副靭帯損傷。全治約6週間

●磐田MF太田吉彰=左膝内側側副靭帯損傷。全治約4~6週間


【5月16日】

●新潟FW河田篤秀=右足関節前方インピンジメント症候群。全治8~10週間

●鹿島MFレオ・シルバ=左膝半月板損傷。全治6~8週間


【5月15日】

●鳥栖MF谷口博之=左膝蓋骨骨軟骨損傷。全治5カ月


【5月9日】

●神戸MF藤田直之=左膝内側側副靭帯損傷。全治約6週間


【5月5日】

●磐田MF山本康裕=右膝前十字靱帯損傷、半月板損傷。復帰まで約6カ月

●神戸GK吉丸絢梓=左太もも裏の肉離れ。全治約6週間。


【4月25日】

●甲府MF黒木聖仁=左膝外側半月板損傷。全治約2カ月


【4月25日】

●清水GK西部洋平=左ハムストリングス肉離れ。全治3カ月

●G大阪DF野田裕喜=右脛骨疲労骨折で手術


【4月21日】

●東京MF平岡翼=右膝前十字靭帯損傷、内側半月板損傷。全治8カ月


【4月15日】

●甲府FW森晃太=右膝前十字靭帯損傷。全治約8カ月

●甲府DF熊谷駿=左大腿二頭筋肉離れ。全治約6週間


【4月6日】

●札幌MF深井一希=左膝前十字靭帯断裂、左膝内側半月板損傷、左膝外側半月板損傷


【3月25日】

●川崎F・DF井川祐輔=右膝内側々副靭帯損傷。復帰まで4カ月

●東京FWガブリエル=右足関節靭帯損傷および右足関節剥離骨折。全治10週間


【3月23日】

●仙台FW平山相太=左腓骨筋腱脱臼。全治12週間