セリエAのラツィオに所属する日本代表MF鎌田大地が、5日に行われたイタリア杯のジェノア戦で公式戦3試合ぶりに先発出場した。

鎌田は後半36分までプレー。後半5分には自身も左サイドからの崩しに関わり、得点チャンスを作った。また14分にはワンツーのパス交換でペドロの得点機を演出したが、惜しくもゴールにはつながらなかった。

試合は開始5分にラツィオが先制点を奪い、そのまま1-0で勝利しベスト8へ進出した。