サッカー女子日本代表なでしこジャパン(FIFAランキング8位)が24日、パリオリンピック(パリ五輪)アジア最終予選で北朝鮮代表(同9位)と第2戦を戦う。

試合開始2時間前には、ゴール裏に北朝鮮の応援団が陣取っていた。赤い服を身にまとった集団がゴール裏の一角に集まり、試合開始を待っていた。試合に向けて、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が3000枚のチケットを買い取る形となっている。27日の前日会見で、北朝鮮のリ・ユイル監督は、「明日は3000人が埋める。チーム一同がホームでやるような、家に帰ってきたような温かい気持ちになる。気持ちに応えるべく良い結果を残したい」と感謝とともに、意気込みを語っていた。

なでしこ、運命の北朝鮮戦 勝てばパリ五輪、負ければ終わりのアジア最終予選/ライブ速報します