国際スケート連盟(ISU)は14日、フィギュアスケートの来季(22~23年シーズン)のグランプリ(GP)ファイナルをイタリア・トリノ(22年12月8~11日)で開催すると発表した。

GPファイナルは新型コロナウイルスの影響を受け、今季の大阪大会を含めて2季連続中止。来季開催されれば男子の羽生結弦(ANA)が2位に入った19年以来3季ぶりとなり、同年の開催地もトリノだった。

23年12月のGPファイナルはフランス・オルレアンで行われる。