nikkansport.com @ mobile

海外サッカー

本田のミラン移籍、CSKAが成立拒否

 日本代表のエース本田圭佑(27)の獲得を急ぐセリエAの強豪ACミランが、本田と今冬まで契約を残すCSKAモスクワ側から現時点での移籍成立を拒否された。30日夜(日本時間31日早朝)に現地のスカイ・スポーツが報じた。

 ミラン側は主力のガーナ代表MFボアテング(26)を30日にシャルケに売却。ガッリアーニ副会長が「すぐに(本田を)獲得できるようCSKAと話し合っている」と明かし、最近は綱引き状態に陥っていた本田獲得のための交渉を急いでいた。

 本田とともにミラン側はRマドリードのブラジル代表MFカカを復帰させる案も挙がっているが、同副会長は「今はカカより、本田の方が可能性がある」とも説明。全力を尽くして交渉にあたっていたが、現地時間30日までに移籍成立は実現しなかった模様だ。

 今夏の欧州の移籍市場は9月2日に閉まるため、今後は時間を睨みながらの交渉になりそうだ。

 一方で本田は30日(日本時間31日未明)にホームで開催されたアルカム戦に、CSKAモスクワの一員としてトップ下で2戦ぶりの先発出場。後半42分に途中交代した。

おすすめ情報PR

海外サッカーニュースランキング

  1. マンUデヘアがレアル移籍希望か スペイン紙報道
  2. インザーギ監督「ミランを高い位置に」古巣にエール写真あり
  3. ケルン、ドルトムントのターボサッカーどう止めるか写真あり
  4. 乾「11対11でやっていたら負けていたかも」
  5. ドイツ代表監督、体調不良ゲッツェ「良くなってる」写真あり