日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

バルザローナ今秋初来日

昨年のドバイワールドCを制したバルザローナ騎手(撮影・國廣陽子)
昨年のドバイワールドCを制したバルザローナ騎手(撮影・國廣陽子)

 欧州騎手界の新星ミカエル・バルザローナ騎手(22)がこの秋、短期騎手免許で初来日することがわかった。期間は11月の1週目から年内いっぱい(ジャパンC週を除く)。

 同騎手がその名を世界にとどろかせたのは一昨年。19歳という若さで世界最高峰レースの1つ、英ダービーをプールモワで制覇。昨年にはエイシンフラッシュ、スマートファルコン、トランセンドと3頭の日本馬が参戦したドバイワールドCを、モンテロッソに騎乗して勝利。ゴール手前から派手なガッツポーズを見せ、強烈な印象を残した。

 フランスの競馬学校を16歳で卒業し、名門アンドレ・ファーブル厩舎から07年に見習騎手としてデビュー。同厩舎ではM・ギュイヨン騎手と2人で腕を磨いた。近年は主戦場を英国に移し、ゴドルフィンの専属騎手として活躍。今年は64勝を挙げ、勝率21%という驚異的な数字を残す。

 ドバイのスローな競馬を得意とするように、最も定評があるのは折り合い面。小柄なため軽い重量の馬に騎乗できるセールスポイントもある。欧州の若手注目株が日本でどんな騎乗を見せるのか、注目だ。

 ◆ミカエル・バルザローナ(Mickael・Barzalona) 1991年8月3日、フランス国籍。07年に同国で騎手デビューし、08年に初勝利。09年には70勝以上を挙げて見習騎手を卒業した。11年に英ダービー、12年にはドバイワールドCを勝利。今年はゴドルフィン専属騎手として英国で301戦64勝。勝率21%という高率を残している。

 [2013年9月28日9時1分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞