青森山田の黒田監督は、就任22年目の頂点に「悲願の初優勝です」と自ら切り出した。

 スタンドで優勝旗を受け取る教え子を見上げながら、涙がほおを伝う。初戦敗退から準優勝まで経験し「勝てなくて迷った時期もあったけど、正しかったと選手が証明してくれた。歴史に名を刻めた」と最北端Vに万感の表情だった。

 大体大を卒業後、地元北海道のホテルに就職したが「刺激がない」と3カ月で辞めた。ガソリンスタンドで日銭を稼ぎながら指導者を志し、94年に青森山田コーチ、95年には監督兼寮長に。「時効でも言えない」ほど素行が悪かったチームを、いびつな台形のサッカー場で教え始めた。勧誘で中学生に頭を下げても「山田なんか行くかよ」。いたのは、他県で試合に出られない選手に「国籍だけはブラジル」という素人同然の助っ人…。そんな中で優勝5度の国見・小嶺監督を目標に、大型免許を取得。冷房がなく車内温度が52度にも達したバスを運転して遠征し、地球1周分に当たる4万キロを1年で走破した。

 6年目の00年度に選手権4強、11年目の05年に全国高校総体で初優勝。中高一貫システムを構築し、06年には「プロに負けない指導を」とS級ライセンスも取った。輩出JリーガーはGK広末で30人目、県内320連勝の無敵軍団に育て上げた。一方で選手権は16強止まりが9回。「黒田は全国では勝てない、と陰口をたたかれた」。優勝しかない。帝京・古沼監督の助手席に乗り込み教えを請い、鹿児島実・松沢総監督の風呂場にも押しかけた。「名将たちの『信じてやるしかない』の言葉に勇気づけられて」46歳で肩を並べた。

 09年度に鹿島柴崎を擁して準優勝。「初の決勝で浮足立って敗れた経験が生きた。リベンジの日本一。長かった。素晴らしい日を迎えられた。ただ、この先10年は何もないかも…」と怖くなるほど、大きな夢だった。00年度の初4強時はゼロだった地元選手も、今年は北海道・東北出身者が先発11人中8人。豪雪の下で地道に根を張り、22年分の花を咲かせた。【木下淳】