日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 取組速報
  5. 明日の取組
  6. 星取表
  7. ニッカン式番付
  8. ブログ新着記事

「落ち武者」高見盛が反則勝ち/秋場所

阿覧の張り手を顔面に受ける高見盛(撮影・岡本肇)
阿覧の張り手を顔面に受ける高見盛(撮影・岡本肇)

<大相撲秋場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館

 高見盛は「落ち武者」のようになっていた。3日連続の満員御礼。人気者は大歓声を浴びながら、息を切らして勝ち名乗りを受けた。土俵際でのはたき込みに倒れた…かに見えた一番。「頭、引っ張られた感触があった」と、阿覧の右手は決して多くはない髪をつかんでいた。物言いの末に人生初の反則勝ち。「勝ちは勝ちだ」と興奮した。

 戦いぶりは「落ち武者」ではなかった。立ち合いから、阿覧の突きや張り手を顔面に受けまくる。拳ではない。だが、突きというよりもボクシングの「ジャブ」のような鋭さだった。回転よくヒットした「ジャブ」は計24発。高見盛の顔は大きくゆがんだ。

 高見盛 オレはサンドバッグでも、機械でもない。腹立つけど、勝負は勝負ですから。こっちも必死だった。気入れて、前に出ていくしかない。

 打たれても打たれても、前に出た。まわしをつかもうと必死な姿に館内は悲鳴、支度部屋はなぜか笑いに包まれた。「打撃とか苦手だ」というのに、阿覧を根負けさせ追い詰めた。土俵下では鼻をふき、血が出てないかを確認。出てない鼻血を気にして、花道ではあまり上を向かなかった。

 ダメージはあとからきた。「土俵じゃ気、入っているからいいけど、あとでクラクラしちゃった。安静にするしかないな」。幸い、口の中を「軽く切ったくらい」で安心。風呂から上がり、乱れた髪を直す間は、大きなゲップを一発吐き出した。「血は緑色?」との問いに「オレはゾンビか!」と切り替えしたロボコップ。不死身の肉体で、再び白星を先行させた。【近間康隆】

 [2009年9月22日8時39分 紙面から]


関連ニュース


注目


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 大相撲
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです