田村が逆転サヨナラ勝ちで18年ぶり5回目の東北切符をつかみ取った。

2-5で迎えた9回、7番渡辺仁外野手(1年)の内野安打が逆転劇の幕開けだった。8番から代打攻勢を仕掛け、8番山本知輝(1年)が四球、9番橋本柊(2年)が左適時打で1点を返してなおも無死一、二塁。1番古内侑悟内野手(1年)がセーフティーバントで無死満塁とし、サヨナラの準備が整った。渡辺颯人内野手(2年)が2球目、真ん中高めの直球を振り抜き、右中間を越える当たりで走者一掃。渾身(こんしん)の一打で試合をひっくり返した。