来春センバツの21世紀枠推薦校一覧。最終候補9校は12月9日に発表され、来年1月27日の選考委員会で甲子園出場の3校が決定する。

21世紀枠とは

困難な練習環境を克服したり、地域貢献など、野球以外の要素を選考条件に加え、甲子園出場のチャンスを広げる目的で01年から導入された。推薦校は原則、秋季都道府県大会の16強以上(加盟129校以上は32強以上)から選出。07年までは2校、08年から3校を選出(記念大会の13年は4校)。20年は新型コロナの影響で秋の明治神宮大会が中止。優勝地区に与えられる神宮枠がなくなったため、1枠増の4校になった。今回は前回に続き3校選出。東、西日本から各1校、残り1校は地域を限定せずに選ぶ。同枠の過去最高成績は、01年宜野座(沖縄)、09年利府(宮城)の4強。


北海道=9日発表

青森=青森商(県立)

今秋県大会4強。73年夏の甲子園出場(初戦敗退)

岩手=一関二(県立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし

秋田=由利(県立)

今秋県大会準優勝→東北大会8強。春夏甲子園出場なし

山形=九里(くのり)学園(私立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。米沢市にある私学。1901年に九里裁縫女学校として創設。99年男女共学に

宮城=仙台三(県立)

今秋県大会4強。21年夏準優勝。春夏甲子園出場なし。1963年開校の進学校

福島=田村(県立)

今秋県大会4強。夏も4強。春夏甲子園出場なし。1923年旧制田村中として開校。体育科があり陸上部は強豪。野球部OBに元大洋の鈴木隆投手ら

茨城=常磐大高(私立)

今秋県大会準優勝→関東大会は初戦で慶応に3-5で敗れる。春夏甲子園出場なし。水戸市にある私学。元女子校で2000年から男女共学。OBに前広島の菊池保則投手

栃木=石橋(県立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。下野市にある進学校。16、20年に関東の21世紀枠候補に残ったが落選

群馬=市太田(市立)

今秋県大会8強。太田市商時代の96年春に甲子園出場(1回戦敗退)。2015年に太田市商から市太田に。OBに元ロッテの細谷圭内野手

埼玉=山村学園(私立)

今秋県大会3位で関東大会出場し8強。春夏甲子園出場なし。元女子校で08年から共学。川越市にある私学

千葉=県船橋(県立)

今秋県大会16強。春夏甲子園出場なし。県内屈指の公立進学校。卒業生に野田佳彦元首相

東京=桜美林(私立)

今秋都大会8強。甲子園は春夏合わせ10度出場し76年夏に全国制覇。町田市にある私学。OBに元ロッテ荻野忠寛投手

神奈川=横浜創学館(私立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。横浜市金沢区にある私学。横浜商工から03年現校名に。OBに広島秋山翔吾外野手、日本ハム福田俊投手ら

山梨=笛吹(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。2010年に石和と山梨園芸が統合

長野=伊那北(県立)

今秋県大会4強。甲子園は1955、56、61年夏に出場。1920年旧制伊那中として開校した進学校

新潟=北越(私立)

今秋県大会8強。夏は4強。春夏甲子園出場なし。1936年北越商として創立。OBに元中日の古川利行投手

石川=飯田(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。学校所在地は珠洲市

富山=氷見(県立)

今秋県大会優勝→北信越大会8強。今夏富山大会準優勝(高岡商に11-12で敗れる)。甲子園は65年夏、93年春の2度出場(ともに初戦敗退)。1927年開校。2010年に有磯高と合併

福井=若狭(県立)

今秋県大会8強。夏は4強。甲子園は春夏合わせ10度出場。69年夏に4強。74年春を最後に出場なし。小浜市にある進学校。野球部OBに元阪神の川藤幸三外野手

静岡=知徳(私立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。2014年に三島高から現校名

愛知=刈谷(県立)

今秋県大会8強。甲子園は78年春に出場(初戦敗退)。県内有数の進学校。09年に東海地区候補選出

岐阜=岐阜(県立)

今秋県大会4強。甲子園は春夏6度出場し49年夏に準優勝。1873年創立の進学校。OBに元西武監督の森祇晶

三重=木本(県立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。学校所在地は熊野市。卒業生に元体操選手の笠松茂、元巨人の高見昌宏捕手

滋賀=水口東(県立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。甲賀市にある中高一貫校

京都=宮津天橋・丹後緑風(府立)

今秋府大会8強。宮津天橋は今夏3回戦進出、丹後緑風は初戦敗退

大阪=佐野(府立)

今秋府大会16強。春夏甲子園出場なし。泉佐野市にある進学校

兵庫=小野(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。1880年小野中として設立された進学校。OBに元阪神の山本晴三外野手、慶大野球部OBでフリーアナウンサーの田中大貴

奈良=生駒(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。1963年創立の進学校。今夏は準決勝で智弁学園を破り決勝進出。しかし決勝を前に主力選手がコロナで離脱、天理に敗れ準優勝。OBに元広島の森跳二投手

和歌山=熊野(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。1923年西牟婁農学校として創立。OBに元中日の古谷盛人捕手

岡山=勝山(県立)

今秋県大会16強。春夏甲子園出場なし。1911年勝山実科高等女学校として開校。学校所在地は真庭市。OBに元広島の山根和夫投手

鳥取=倉吉総合産(県立)

今秋県大会8強。今夏は準優勝。春夏甲子園出場なし。03年に倉吉工と倉吉産が統合

広島=神辺旭(かんなべあさひ=県立)

今秋県大会4強→中国大会初戦敗退。春夏甲子園出場なし。福山市にあり普通科と体育科がある

島根=三刀屋(県立)

今秋県大会準優勝→中国大会初戦敗退。甲子園は78年夏に出場(初戦敗退)。1924年旧制三刀屋中として開校。学校所在地は雲南市

山口=光(県立)

今秋県大会3位→中国大会準優勝。甲子園は93、94年夏に2年連続出場もいずれも初戦敗退

香川=高松北(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。1983年創立の中高一貫進学校。OBに広島塹江敦哉投手

徳島=城東(県立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。1902年徳島県立高等女学校として創立。今年創立120周年を迎えた県内屈指の進学校。OBに元広島の武内久士投手

愛媛=松山商(県立)

今秋県大会8強。甲子園は夏26度、春16度出場し春夏合わせ7度の優勝を誇る名門。しかし01年夏を最後に甲子園から遠ざかり昨年に続く推薦。OBに元巨人の西本聖投手ら

高知=須崎総合(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。2019年に須崎高と須崎工が統合し開校

福岡=近大福岡(私立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。近大女子高から98年に共学

佐賀=鳥栖(県立)

今秋県大会準優勝→九州大会初戦敗退。甲子園は夏2回、春1回出場し通算1勝。1927年鳥栖高等女学校として開校。OBに元横浜監督の権藤博、元広島監督の緒方孝市

長崎=九州文化学園(私立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。06年に男女共学。女子バレー部は強豪。学校所在地は佐世保市

大分=高田(県立)

今秋県大会4強。甲子園は61年夏に1度出場し初戦敗退。OBに元オリックスの金田政彦投手

熊本=熊本商(県立)

今秋県大会8強。甲子園は春夏合わせ7度出場し26年春に4強。60年夏を最後に60年以上遠ざかっている。1895年創立。OBに元中日の江藤慎一外野手、茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美

宮崎=高鍋(県立)

今秋県大会準優勝→九州大会初戦敗退。甲子園は夏6回、春4回の計10度出場し65年夏に4強。98年春を最後に遠ざかっている。OBに元阪神の池田親興投手ら

鹿児島=国分中央(市立)

今秋県大会4強。春夏甲子園出場なし。霧島市にある市立校

沖縄=沖縄工(県立)

今秋県大会8強。春夏甲子園出場なし。1902年開校。学校所在地は那覇市松川


21世紀枠・過去の出場校


出場校
01安積(福島)※宜野座(沖縄)
02※鵡川(北海道)松江北(島根)
03柏崎(新潟)隠岐(島根)
04一関一(岩手)八幡浜(愛媛)
05※一迫商(宮城)高松(香川)
06真岡工(栃木)金沢桜丘(石川)
07都留(山梨)※都城泉ケ丘(宮崎)
08※安房(千葉)※成章(愛知)※華陵(山口)
09※利府(宮城)彦根東(滋賀)大分上野丘(大分)
10山形中央(山形)※向陽(和歌山)川島(徳島)
11大館鳳鳴(秋田)佐渡(新潟)※城南(徳島)
12女満別(北海道)石巻工(宮城)洲本(兵庫)
13※遠軽(北海道)いわき海星(福島)益田翔陽(島根)土佐(高知)
14小山台(東京)海南(和歌山)大島(鹿児島)
15豊橋工(愛知)桐蔭(和歌山)※松山東(愛媛)
16※釜石(岩手)長田(兵庫)小豆島(香川)
17不来方(岩手)多治見(岐阜)中村(高知)
18由利工(秋田)膳所(滋賀)伊万里(佐賀)
19石岡一(茨城)富岡西(徳島)熊本西(熊本)
20帯広農(北海道)磐城(福島)平田(島根)
21八戸西(青森)三島南(静岡)東播磨(兵庫)※具志川商(沖縄)
22只見(福島)丹生(福井)大分舞鶴(大分)

※は1勝以上挙げた学校、最高成績は宜野座と利府の4強、20年は中止