公立・岸和田が関大一破る、次は履正社と激突/大阪

<高校野球大阪大会:岸和田3-2関大一>◇23日◇4回戦◇大阪シティ信用金庫スタジアム

文武両道の公立校・岸和田が、接戦で関大一を撃破した。

2-2同点の8回、2番河本浩介内野手(3年)が中越えの適時三塁打を放って勝ち越した。河本は9回の守備で先頭打者の二塁後方への飛球をダイビングキャッチ。攻守でヒーローとなり「舞洲は風が強い。ボールが内野に戻ってくれると分かっていた」と胸を張った。5回戦は優勝候補の履正社と激突。地元名物「だんじり」のように威勢よくぶつかる。