1. トップ
  2. 地方大会
  3. 交流試合
  4. 動画ほか

日本、韓国にタイブレークサヨナラ負け/U18詳細

<U18W杯:日本4-5韓国>◇6日◇スーパーラウンド第2戦◇機張・現代ドリームボールパーク(韓国)

U18W杯(ワールドカップ)はスーパーラウンド第2日。前日カナダを破り2勝1敗の日本は韓国(1勝2敗)と対戦。

日本先発は佐々木朗希投手(3年=大船渡)。1回を無失点に抑えたが降板。2回から西純矢投手(3年=創志学園)がマウンドに上がった。試合は2-2で9回を終了。タイブレークに入った。

日本は10回表に2点を勝ち越したがその裏、失策、押し出し四球、犠飛で3点を失いサヨナラ負けした。2勝2敗で決勝進出がピンチとなった。

U18高校日本代表全20選手の写真・メモ付き名鑑


チーム10
日本
韓国

一球速報

10回裏タイブレーク

無死一、二塁から攻撃

日本投手は近江・林

3番 送りバント。投手の林が一塁悪送球し二塁走者生還、3-4

4番 四球で満塁

日本は投手交代、智弁和歌山・池田が登板

5番 空振り三振

6番 押し出し四球で4-4同点

7番 中犠飛。4-5でサヨナラ勝ち。三塁走者の離塁が早いのではないかとリプレー検証を要求したが判定は覆らず日本敗れる

日本対韓国 タイブレークの末、韓国に敗れ肩を落とす石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 タイブレークの末、韓国に敗れ肩を落とす石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 タイブレークの末、韓国に敗れ泣き崩れる石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 タイブレークの末、韓国に敗れ泣き崩れる石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 試合後、韓国ナインと握手を交わす佐々木(左)と石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 試合後、韓国ナインと握手を交わす佐々木(左)と石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 肩を落とす池田(中央)に声をかける佐々木(右)(撮影・横山健太)
日本対韓国 肩を落とす池田(中央)に声をかける佐々木(右)(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す水上(左)に声をかける佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す水上(左)に声をかける佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す坂下(左)の肩を支える武岡(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す坂下(左)の肩を支える武岡(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す水上(撮影・横山健太)
日本対韓国 悔し涙を流す水上(撮影・横山健太)

10回表タイブレーク

無死一、二塁から攻撃

韓国投手は右腕チェ・ジュニョン

1森 送りバントを決め1死二、三塁

韓国は投手交代、左腕ホ・ユンドンが登板

2武岡 右越え適時二塁打で4-2。一気に三塁を狙ったがアウト

3韮沢 三塁ライナー


9回裏

日本投手は興南・宮城

7番 遊ゴロ

8番 中前安打

9番 チェンジアップ空振り三振

1番 頭に四球、2死一、二塁

2番 左前安打。二塁走者本塁狙うも左翼・西から好送球でタッチアウト。韓国はリプレー検証要求も判定は覆らず。2-2でタイブレークへ


9回表

韓国投手は右腕チェ・ジュニョン

7鵜沼 一ゴロ

8水上 見逃し三振

9坂下 空振り三振


8回裏

日本投手は興南・宮城

1番 中前安打

2番 プッシュバント。遊撃内野安打となり無死一、二塁

3番 投ゴロで1死二、三塁

4番 スライダー空振り三振で2死

5番 三ゴロ。三塁手の石川が一塁悪送球。2者生還し同点

6番 一ゴロで攻撃終了

日本対韓国 8回表2死二、三塁、一塁への暴投で同点とされ肩を落とす石川(撮影・横山健太)
日本対韓国 8回表2死二、三塁、一塁への暴投で同点とされ肩を落とす石川(撮影・横山健太)

8回表

韓国投手は左腕イ・スンヒョン

2武岡 一ゴロ

3韮沢 右前安打

4石川 四球、1死一、二塁

韓国は投手交代、右腕チェ・ジュニョン

5西 四球で満塁 

6宮城 投ゴロ併殺打で無得点


7回裏

日本投手は興南・宮城

6番 投ゴロ

7番 遊ゴロ

8番 右前安打

9番 右飛


7回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

3韮沢 右前安打

4石川 いい当たりの右飛、1死一塁

5西 外角直球見逃し三振で2死

6宮城 左前安打で一、二塁

7代打熊田 右前適時打でついに先制!

8水上 中前適時打で2点目

韓国は2人目の右腕イ・ジュヨブが登板

9坂下 四球

1森 右飛

日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、右前適時打を放つ熊田(撮影・横山健太)
日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、右前適時打を放つ熊田(撮影・横山健太)
日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、中前適時打を放つ水上(撮影・横山健太)
日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、中前適時打を放つ水上(撮影・横山健太)
日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、水上桂が中前適時打を放ちガッツポーズする、左から林、佐々木、池田、奥川、西(撮影・横山健太)
日本対韓国 7回裏日本2死一、二塁、水上桂が中前適時打を放ちガッツポーズする、左から林、佐々木、池田、奥川、西(撮影・横山健太)

6回裏

日本投手は習志野・飯塚

3番 147キロ直球空振り三振

4番 149キロ直球空振り三振

5番 151キロ直球で投ゴロ

日本対韓国 6回裏から登板した飯塚(撮影・横山健太)
日本対韓国 6回裏から登板した飯塚(撮影・横山健太)

6回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

9坂下 二ゴロ

1森 二ゴロ 

2武岡 三ゴロ


5回裏

日本投手は創志学園・西

7番 遊撃内野安打

8番 中飛

9番 左飛

1番 左前安打で2死一、二塁

2番 右前安打。二塁走者が本塁を狙ったが右翼の宮城から好返球、タッチアウト

日本対韓国 5回裏、力投する西(撮影・横山健太)
日本対韓国 5回裏、力投する西(撮影・横山健太)
日本対韓国 5回裏を終え、ナインにタッチで迎えられる宮城(撮影・横山健太)
日本対韓国 5回裏を終え、ナインにタッチで迎えられる宮城(撮影・横山健太)

5回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

6宮城 二ゴロ 

7遠藤 変化球空振り三振

8水上 変化球空振り三振


4回裏

日本投手は創志学園・西

4番 左前安打

5番 送りバント失敗、1死一塁

6番 遊ゴロ併殺


4回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

2武岡 二ゴロ

3韮沢 二ゴロ

4石川 右越え二塁打

5西 低め変化球空振り三振で先制ならず


3回裏

日本投手は創志学園・西

9番 チェンジアップ空振り三振

1番 四球

2番 セーフティー気味の送りバントで2死二塁

3番 149キロ見逃し三振


3回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

8水上 145キロ直球見逃し三振

9坂下 スライダー見逃し三振

1森 二ゴロ


2回裏

日本投手は創志学園・西。佐々木は1回で降板

5番 三振

6番 左前安打

7番 変化球空振り三振

8番 2球目に暴投、2死二塁

9番 二ゴロ

日本対韓国 2回表から2番手で登板する西(撮影・横山健太)
日本対韓国 2回表から2番手で登板する西(撮影・横山健太)
日本対韓国 2回表を無失点に抑えほえる西(中央)(撮影・横山健太)
日本対韓国 2回表を無失点に抑えほえる西(中央)(撮影・横山健太)

2回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

5西 三塁内野安打

6宮城 遊ゴロ併殺打

7遠藤 変化球見逃し三振


1回裏

日本投手は大船渡・佐々木

1番 初球は149キロ。153キロ打って遊ゴロ

2番 直球決まらずストレートの四球

3番 149キロ直球で左飛

ここで永田監督がマウンドへ

4番 3球目に一塁走者二盗成功。149キロ直球空振り三振

最速は153キロ、投球数は19

日本対韓国 力投する日本先発の佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 力投する日本先発の佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 力投する日本先発の佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 力投する日本先発の佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表韓国2死一塁、佐々木の元へ水上(手前)が駆け寄る(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表韓国2死一塁、佐々木の元へ水上(手前)が駆け寄る(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表韓国2死一塁、佐々木(中央)の元へ水上(左)と永田監督が駆け寄る(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表韓国2死一塁、佐々木(中央)の元へ水上(左)と永田監督が駆け寄る(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表を終えベンチ引き上げる佐々木のユニホームには血がつく(撮影・横山健太)
日本対韓国 1回表を終えベンチ引き上げる佐々木のユニホームには血がつく(撮影・横山健太)
日本対韓国 佐々木朗希の中指(撮影・横山健太)
日本対韓国 佐々木朗希の中指(撮影・横山健太)

1回表

韓国投手はエースの右腕ソ・ヒョンジュン

1森 直球打って左前安打

2武岡 送りバントを決め1死二塁

3韮沢 変化球打って投ゴロ

4石川 145キロ外角直球見逃し三振


【スタメン】

1(中)森=桐蔭学園

2(遊)武岡=八戸学院光星

3(一)韮沢=花咲徳栄

4(三)石川=東邦

5(右)西=創志学園

6(左)宮城=興南

7(指)遠藤=東海大相模

8(捕)水上=明石商

9(二)坂下=智弁学園

先発投手・佐々木=大船渡

日本対韓国 笑顔でキャッチボールする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 笑顔でキャッチボールする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 笑顔で球場入りする佐々木(中央)(撮影・横山健太)
日本対韓国 笑顔で球場入りする佐々木(中央)(撮影・横山健太)
日本対韓国 ダッシュをする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 ダッシュをする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 タオルを顔にかけストレッチをする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 タオルを顔にかけストレッチをする佐々木(撮影・横山健太)
日本対韓国 ランニングをする日本代表の選手たち(撮影・横山健太)
日本対韓国 ランニングをする日本代表の選手たち(撮影・横山健太)

6日の試合結果

▽台湾12-0オーストラリア(7回コールド)

▽米国10-0カナダ(7回コールド)

▽韓国5-4日本(延長10回)

スーパーラウンド勝敗表


チーム日本豪州韓国米国台湾カナ
日本422
豪州422
韓国422
米国431
台湾431
カナダ404

※1次ラウンドで対戦した同組チームとの対戦成績持ち越し


大会メモ・ルールなど

◆U18W杯 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、18歳以下による世界大会。81年に始まり今回が29度目。日本が高校日本代表で臨むのは04年が最初で、今回が6度目。日本は04年から高校日本代表で臨み過去は準優勝が最高。参加12チーム(A組=韓国、オーストラリア、オランダ、カナダ、ニカラグア、中国、B組=日本、米国、台湾、パナマ、南アフリカ、スペイン)。1次ラウンドは2組各6チームで総当たり戦、各組上位3チームがスーパーラウンドに進出。同ラウンドは別組の3チームと対戦。順位は1次ラウンドで対戦した同組チームとの対戦成績を持ち越し、計5試合分で決定。上位2チームが決勝へ、3、4位は3位決定戦に進む。

◆球数制限 今大会から導入。1試合49球以下は連投可能。50~104球は中1日、限度の105球に達した場合(打席中に達した場合、その打者との対戦終了まで投球可能)、中4日空けなければならない。

◆U18W杯・日本の成績◆

82年(米国)米国 準優勝 大学選抜

99年(台湾)米国 5位 沖縄県高校選抜

04年(台湾)キューバ 準優勝 ダルビッシュ有、涌井秀章、鵜久森淳志

12年(韓国)米国 6位 大谷翔平、藤浪晋太郎、田村龍弘

13年(台湾)米国 準優勝 松井裕樹、安楽智大、森友哉

15年(日本)米国 準優勝 清宮幸太郎、オコエ瑠偉、平沢大河

17年(カナダ)米国 3位 清宮幸太郎、小園海斗、藤原恭大

※()内は開催国、左から優勝国、日本成績、主な参加選手

U18日本代表メンバー
U18日本代表メンバー

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング