東北死闘敗れセンバツ絶望的、仙台育英に雪辱ならず

<高校野球秋季宮城大会:仙台育英9-7東北>◇19日◇準々決勝◇仙台市民球場

東北が4年連続で秋の東北大会出場を逃し、来春のセンバツ出場は絶望的となった。

小熊慎之介内野手(2年)が4回に左越えソロ、5回にも右前2点適時打を放って一時逆転。再度リードを許しても9回には外島裕史郎外野手(2年)の左越え2点適時三塁打を含む4連打などで再逆転したが、王者の経験値に屈した。9回の好機で三振に終わるなど無安打だった4番で主将の佐藤琉河捕手(2年)は「逆転してもひっくり返される。中部地区予選から何も成長出来ていない。最後の詰めが甘い」と悔しさをにじませた。

その他の写真

  • 東北対仙台育英 9回表東北1死二、三塁、左中間に逆転の適時三塁打を放ってガッツポーズする外島