習志野・岩舘がチーム鼓舞「常に100%」/千葉

  • 習志野・ベンチに向かって盛り上げを促す岩舘(撮影・沢田直人)
  • 習志野・一礼してコーチスボックスに入る岩舘(撮影・沢田直人)

<高校野球千葉大会:習志野4-2船橋東>◇6日◇3回戦◇ZOZOマリンスタジアム

「さあ、全員盛り上がっていこう!」。仲間を鼓舞する声がZOZOマリンスタジアムに響き渡った。

習志野(千葉)の岩舘央歩内野手(3年)は三塁コーチを務める。「常に100%でサポートしていきたい」と活気あふれた声と的確な指示で、チームを支え勝利に貢献した。

試合中にアクシデントがあった。6回、1番打者の栗原政悟内野手(1年)が手に死球を受けた。バッターボックスの周りで、痛みに耐えられずにうろたえる栗原に、誰よりも早く駆け寄った。「1年生は初めての大会だから不安になると思った。そういった部分でも自分は支えていきたい」。コールドスプレーで手当てを行い、栗原はその後も死球の影響を感じさせることなくプレーをやり遂げた。

岩舘は三塁コーチスボックスに入る前、深々と一礼をする。入ってから三塁塁審にも「お願いします」と礼。そんな礼儀正しい男は今大会の出場はまだ2回戦での1打席のみだが、セーフティーバントを決めた。「いつもより緊張しました」と笑って振り返る。残念ながらこの日は出場機会に恵まれなかったが、「次に試合に出ても、限られたチャンスを大切にしたい」と意気込んだ。【沢田直人】