巨人原監督V逸なら解任も 後任候補に江川氏らの名

 巨人原辰徳監督(57)が、今季限りで解任される可能性のあることが25日、分かった。原監督は今季が2年契約の2年目。球団は現時点で正式な続投要請を行っておらず、リーグ4連覇を逃した場合の去就は不透明となっている。後任候補にはOBの江川卓氏(60)らが挙がるとみられる。逆転優勝を目指すチームは、今日26日から首位ヤクルトとの2連戦に臨む。

 原監督が、今季限りで解任される可能性が出てきた。2年契約の最終年。開幕から打線の調子が上がらず苦労したが、経験とやりくりでチームを整え、首位ヤクルトと2ゲーム差で直接対決を迎える。しかしシーズン最終盤の時期になっても、球団は正式な続投要請を行っていない。渡辺恒雄最高顧問ら球団トップは、去就に関しての具体的な言及を一貫して避けている。巨人軍にとって優勝は絶対的な目標であり、届かなかった場合は解任に踏み切る可能性がある。

 巨人の監督として12年間もの時間を費やし、常に優勝争いのできるチームを構築した。手腕に対する力量を疑う余地はない。一方で、長期政権による弊害ではあるが、新鮮さに対する満足感が、やや失われているとの見方もある。原監督は普段から、去就について覚悟を定めている。勝敗の責任者であることはもちろん、巨人軍のよき伝統を継続させ、発展させていく必要があると考えている。

 江川氏は、原監督の敷いたレールを引き継ぐにふさわしい人材といえる。巨人のエースとして通算135勝。勝利を重ねる重みを肌で知っている。巨人戦に軸足を置いた評論活動も非常に長く、チームの現状を客観的に把握している。松井秀喜氏(41)や高橋由伸外野手兼任コーチ(40)ら、若い世代の監督候補へつなぐ役として、名前が挙がって不思議はない。

 不退転の決意でヤクルトとの決戦に臨む。原監督は「いかにフラットに戦うか、は非常に難しい。『力まずに』は、あり得ない。肩の力を入れて、力を出す。高揚した中で力を発揮して、結果を残せば価値がある。相手を見ることも、もちろん大事だが。相手のことを言っている場合じゃない。1人1人が、自分たちの力をいかに出せるか」と、長年ともに戦ってきた選手たちの躍動を信じて疑わなかった。同時に「ジャイアンツらしさを出せるように采配したい」と誓った。集大成の勝負に向かう。

  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. 中日根尾の用具メーカー、新人に異例の密着フォロー
  2. 山川、源田、秋山…3人の自主トレにみた西武の強さ
  3. 最後の夏…甲子園出場なら早大進学だった/王貞治1
  4. 中日京田、初タッグの根尾に「人間だったんだと」
  5. 笑顔なきマウンドの理由/黒田博樹10
更新