nikkansport.com @ mobile

野球

ヤクルト・ユウイチ引退決意「完全燃焼しました」

 ヤクルト松元ユウイチ外野手(34)が引退を決意したことが17日、分かった。すでに真中監督ら、関係者には伝えてあり、日本シリーズの前にも球団から発表される。「完全燃焼しました。レギュラーになれなかったのに、17年もやらせていただいて感謝してます」と話している。今季は開幕スタメンに名を連ね、左の代打の切り札として優勝に貢献してきたが、日本シリーズが引退の花道となる。

 99年にブラジルからの野球留学生として入団。04年に日本国籍を取得してから、出場機会も増えた。第3回WBCではブラジル代表の主将を務め、4番を打って侍ジャパンを苦しめた。05年に横浜川村からサヨナラ安打を打ったのが、現役生活では一番の思い出として残っているという。だが、それを上書きするチャンスが残っている。日本一を決める安打を神宮で打つ。「そうなれば最高ですね」と、最後のひと花を咲かす構えだ。

 ◆松元(まつもと)ユウイチ 1980年12月18日、ブラジル・サンパウロ生まれ。ブラジルでは投手も務めていたが、99年にヤクルトに入団してからは外野手、一塁手として出場した。当初は外国人登録。04年に日本国籍を取得した。1軍通算546試合に出場し2割6分3厘、本塁打11本。左投げ左打ち。178センチ、86キロ。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. 野村克也氏ボヤキさく裂、巨人中心の時代は終わった
  2. ロッテ田中引退、就活し入団時蹴った三井物産再内定
  3. 中日藤嶋は現状維持、来年は「しっかりアピール」
  4. 中日三ツ俣50万円ダウン 広島菊池に弟子入りへ
  5. 来春センバツへ/21世紀枠推薦46校一覧

コンテンツ一覧

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
更新