ヤクルト小川監督「総力戦で大きな引き分け」と納得

  • FacebookMessenger
  • TL

<巨人1-1ヤクルト>◇12日◇東京ドーム

ヤクルトが価値あるドローを手にした。

8回まで3安打無得点と打線が沈黙したが、9回1死から3連続四死球で満塁とし、代打宮本が同点中犠飛を決めた。投手陣も先発ブキャナンがテンポ良く打たせて取り、7回3安打1失点と好投。8回からは7投手が無失点リレーで延長12回引き分けに持ち込んだ。

小川淳司監督(61)は「よく粘った。あれが精いっぱいだった試合。宮本がよく打った。外野フライは簡単に打てない。総力戦で、大きな引き分けだと思う」と納得の表情で振り返った。

  • FacebookMessenger
  • TL