巨人丸「自分の中ではここまで完璧」若手に打撃論も

巨人丸佳浩外野手(29)が26日、川崎市のジャイアンツ球場でキャンプ前最後となる自主トレを行った。

室内練習場でのマシン打撃中には、同学年の小林、若手選手らとともに会話し、打撃論などを交わした。「若い選手がいろいろ意見を聞きたいと言ってくれているので、僕が思っていることはこういうことだよ、と話せるところは話しました」と振り返った。

自身の若手時代と重ね合わせ「僕も若いときはいろんなことを聞いて、やってみたこともありますし、その考えを知るだけでも違うと思う。その考えが後々引き出しになる。今、使わなくても将来使うときが来るかもしれない。そういう積み重ねが1人の選手像を作って、成長していけると思う」とさまざまな意見を聞き、学ぶことの大切さを語った。

2月1日のキャンプインに先がけて行われる合同自主トレのため、明日27日に宮崎へ移動する。「自分の中ではここまで完璧にできたと思っています。キャンプに入ったらより実戦的な練習も入ってくるので、そこで精度を上げられたら」と見据えた。

このニュースの写真

  • 巨人丸は、ジャイアンツ球場の室内練習場で笑みをこぼしながらキャッチボールをする(撮影・桑原幹久)